前橋市 前橋 歯科 歯医者 フクロ歯科 痛くない インプラント ヒールオゾン 審美 入れ歯

ホーム > フクロ歯科医院の治療メニュー > インプラント治療 > オールオン4(ワンデイ インプラント)治療

フクロ歯科医院
  • 予防歯科(歯周病予防、むし歯予防)
  • 一般(歯周病、むし歯)治療
  • インプラント治療
  • 矯正治療
  • 入れ歯治療
  • 審美歯科治療
  • 顎関節治療

オールオン4(ワンデイ インプラント)治療

オールオン4(ワンデイ インプラント)治療

今、歯科の世界にひとつの革命が行われています。
それは、オールオン4(フォー)というインプラントによる考え方です。総入れ歯をなくし、わずか4本のインプラント(上下なら8本)で動かない固定式の歯に入れ替えるというものです(日本人には、上顎の場合は4本より6本以上の方がよいという方もいらっしゃいます)。
作った人は、世界最大の歯科クリニックを持つポルトガルのDr.マローです。
彼は、骨移植の世界的な権威として有名でしたが、その名声をすべて捨て去り、数年間にわたって総入れ歯の人に骨移植をせずに、1回の手術でインプラントによる固定式の義歯を与えるための研究を行いました。
彼は、なぜそんなことをするようになったのでしょう?
総入れ歯の方は、高齢な方も多く、骨の移植による再生、増生があまり期待できず2回も手術すること自体に遠慮される方が多いこと(骨の移植は入院しての外科処置で腰の骨を顎に移植することが多い)などから、オペをしたその日に固定式の入れ歯を与えるという野望を抱いたのです。
つまり、より早く手術が終わり、終わったらそのまま咬めるようにすること!!
インプラント体自体も表面性状が良くなり、溝の角度などにも技術革新もありましたが、。

1.顎に4本のインプラントがあればすべての咬みあわせを支えられること

椅子の足も4本で体重を支えますが、構造的にはそれと同じということです。

2.インプラントを斜めに入れてもかかる負荷にはそれほどの差がないこと

斜めにインプラントをいれることで、解剖学的な危険部位を安全に避けることができます。

などを導き出し、この方法をオールオン4と名づけました。
そして、マローがオールオン4を送り出してから10年が経ち、コンピュータの発達によって、更に手術をフラップレス(粘膜に切開をしない)でできるようになり、ほとんど腫れもでず、痛みも少ない形で手術ができるようになってきました。

更に、解剖学的に困難だった上顎洞が小さい症例にも、ザイゴマという特殊なインプラントを使ったオペにより、オールオン4が可能になるなど更に進化を続けています(ザイゴマによるオールオン4は、マローから直接ライセンスを頂いている、下尾先生(東京歯科大学を出られてから岸クリニック高度インプラントセンターにいらっしゃいました)がマロークリニック東京を開業されていますので、高度なオールオン4テクニックに興味のある方にはそちらをご紹介いたします。 私も興味があったため、ザイゴマのインプラントのライブオペとハワイでその埋入するための資格を得るコースに参加し、その資格は持っていますが、やはりこのオペに関しては、止血の難しさや目に近い領域をいじるため、一般開業医が行うべきではなく、口腔外科の専門医が行った方が良いという結論を得ました。

オールオン4の欠点としては1回法インプラントに準じるため、骨補填を必要とする場合や、タバコをすっていらっしゃる方にはお勧めできないこと、インプラントにノーベルバイオケア社製のインプラントを用いないと後の補綴が難しくなるためアウターヘックス(外部に6角形が刻まれている)のアバットメントを装着することと、その価格が非常に高いこと(適合には問題ないとされていますが、インナーヘックスの方がぴたっという感じです)などが挙げられます。
それらの場合には2回法を行い、MINIインプラントで即時に負荷をかけることで対応ができるケースが多いと思われます。

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
ページの先頭へ