群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 院長ブログ

フクロ歯科医院

院長ブログ

キシリトールで本当に虫歯予防が出来るのか

虫歯の原因菌であるミュータンス菌は細胞内にキシリトールを取り込むと、酸が作れなくなります。
この効果がキシリトールを虫歯予防ができる食品と呼ばれる所以です。
しかし、過去にキシリトールを押していたある国では、キシリトールだけでの虫歯予防の限界を知り、フッ素との併用に方向転換しています。
ですから、現在ではこの合成甘味料単体での虫歯予防効果はそれほど期待できないといえるかもしれません。

歯石はなぜつくのか

みなさんが毎日行っている歯磨きですが、歯と歯の間、歯と歯茎の間など、磨き方の癖などもあり磨き残しが起こってしまいます。
取り残された歯垢は時間の経過と共に細菌のかたまりであるバイオフィルムを形成し歯の表面に強固に付着します。
このバイオフィルムに唾液中のカルシウムが沈着することで石のように硬い歯石が生まれるのです。
特に舌の前歯の裏側は粘液質の唾液が溜まりやすい箇所になっているので、歯石が付きやすくなっています。
歯石は歯周病が起こりやすい環境を口の中に作りますので、定期的な除去をおすすめしています。

歯並びと歯周病は関係があるのか

歯並びが悪い人が必ず歯周病になるかと言われればそんなことはありませんが、歯並びと歯周病はある程度関係があります。
歯並びが悪いと、歯ブラシの先の届かない部分が細菌のたまり場になったり、噛み合わせの悪さが歯ぐきや歯周組織にダメージを与えることで歯周病の原因となる可能性が高いのです。
こういう方は特に歯科医院での定期的なクリーニングをおすすめします。

唾液の量が少ないと虫歯になりやすいのか

唾液は口の中の潤滑剤という機能の他に、酸性を中和する働きも持っています。
虫歯は口の中が酸性に傾くことで進行しますので、アルカリ性に戻す唾液は必要なものなのです。
また、酸性時に溶けだしたエナメル質を再石灰化したり、口臭を軽減する作用もあります。
自律神経や高血圧の薬を飲まれている方は薬の影響で、唾液の分泌量が減ってしまいます。
こういう方はガムを噛むなどして唾液の量を増やすことをおすすめします。

>

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから
  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
治療価格 症例紹介 院長ブログ スタッフブログ 歯科衛生士ブログ 採用情報 設備紹介 患者様からの声 フクロウ新聞 Love&Teeth maebashi-implant whitening youtube implant 診療予約
ページの先頭へ