群馬県前橋市歯科 フクロ歯科医院 インプラント治療 予防歯科 PMTC

ホーム > 医院概要 > 院長紹介

フクロ歯科医院

院長紹介

院長紹介

院長

袋 一仁

経歴

東京歯科大学 卒業

東京歯科大学大学院歯内療法学講座 卒業

歯学博士

東京歯科大学歯内療法学講師

9ステッパー

ファイヤーウォーカー

大学院では歯の根の治療を専攻し、意図的再植(歯の根の治療ができないときに、いったん抜いて外で治療し、もう一度植えなおす技術)の動物実験を通じて学位を取得。大学院在学中より、人工歯根(インプラント)の研究および手術を行い、歯周・審美補綴を大阪およびボストンで修行後、平成4年現医院の建て直しとともに父のサポートとしてフクロ歯科医院に勤務。平成10年より、102年続いている(明治36年開院)フクロ歯科医院の4代目院長に就任。さらに平成14年より中川教授の就任とともに東京歯科大学の講師に就任。一般的な治療から矯正、外科処置、顎関節治療、インプラント治療、審美歯科治療などを行う。単なる矯正にとどまらず、インプラント矯正や外科矯正(コルチコトミー)を実践。 2004年からホワイトニング専門歯科医院Love&Teeth(ラブアンドティース)を開業。 参加学会は、日本歯周病学会、日本臨床歯周病学会、日本口腔インプラント学会アクティブメンバー日本歯科維新会(最高顧問)、日本歯科輸入振興協会会長、American Academdy of Implante Dentistry(アメリカインプラント学会)、The Congress of Eastern Cosmetic Surgery(東アジア審美外科学会)。参加勉強会としては、NBS、ING、GO会、咬合育成研究会、 最高の治療と最高の施設を患者様に提供することを信条とし、マスプロ化した医療を目指し、患者様とともに日夜、格闘している。前橋市千代田町生まれ。年齢は半生紀を越えた反省期。動物占いはコアラ。


小冊子フクロ歯科医院へようこそ

小冊子「歯科治療に関する4つの悩みを解決する」


フクロ歯科医院と袋一仁をもっと知ってもらうために

袋は小学校時代、非常に口べたな少年でした。成績は中の上ぐらいの平凡な成績で、幼稚園から3回目の受験でやっと群大附属小学校に編入することができました。その小学校2年生から水泳を続けていたので、水泳大会ではヒーローでしたが、どちらかというと気は優しくて力持ちのとても地味な存在でした。 今でも想像できますが、生まれたときから4.2Kgの肥満体型で、「このまま太った人になるのでは」と母親は心配したそうです(心配したとおりになりました・・・笑)。幼稚園時代になりたかったものは「脳外科医」でした。それは「一番難しそうだから」という単純な理由でした(おそらくベンケーシーに感化された姉に吹き込まれたのだと思います)。 私の父親も、同じ大学出身の歯科医です。とても厳しい父親でした(このごろは優しくなっています)が、週末はほとんど自分の趣味のゴルフあまり遊んでもらった経験がありません。ただ仕事には熱心で、日曜日以外には休みはありませんでした。(ひとりで最大時には一月800人の患者様があったそうです)そんな、厳しくて、いつも忙しそうにしている父親を見て、「俺はこういう父親にはなりたくない」といつも思っていましたし、父親にはよく反発しました。しかし、今では父親が自分に厳しくしてくれたこと、頑張ることの大切さを教えてくれたことにはとても感謝していますし、尊敬しています。そんなに反発していた自分も、いつか父親の偉大さと自分への周囲からの期待の大きさから父親と同じ高校、大学に進学している自分がいました。学生時代の自分はラグビーを高校、大学とやっていたのですが高校では県大会優勝、大学では歯医者で日本一2回、関東医歯薬のリーグは一部で準優勝(ワントライ差・・惜しかった)と素晴らしいメンバーに恵まれて楽しい生活を送ることができました。しかし、大学を卒業すると厳しい下積みの大学院生活を送っていました。研究テーマも与えられず、毎日夜中の12時までただ講座にいる。「こんなことをやっていて、本当に1人前の歯科医になれるのかな?俺が本当にやりたかったのはこんな非効率な作業じゃない!」と不満は爆発寸前でした。「本当に自分は限界まで、限界を超えるまで、目の前のことに全力投球しているんだろうか?事務作業だからといって、手を抜いてないだろうか?とにかく、これ以上無理、というところまで頑張ってみて、それでもダメだったら、その時、考えよう」と覚悟を決めてから、色々なことが変わってきました。 コンピュータのためにブラインドタッチを独習し、暇があれば図書館の個室にいる生活を続けました。そして、大学院の忙しい3年目に結婚。将来をやっと考えるようになり、開業を意識しはじめました。 平成4年に前橋に帰ってきましたが、なんで人口の減っている前橋で開業を引き継いだのかといわれるとこころ苦しいのですが、自分の愛する広瀬川の風景は千葉に住んでいても忘れられず、自分の周りに目をやると、昔は絶対的な存在だった父親もその頃70歳を迎え、以前のような勢いもなくなり、自分が父と医院を支えないといけない状況でした。
それから20年以上を経過し、学習自体は続けながら、医院の出来る仕事を広げてきました。現在地元前橋ではそこそこ有名な歯科医院にはなっているつもりです。しかし、まだまだ我々には進化の余地も今後にやりたいこともあります。平成16年に審美歯科・ホワイトニングのための歯科医院としてラブアンドティースを開業、また平成23年にはフクロインプラント歯科医院を県庁・市役所に臨在して開業しました。さらに、3階にはえふたす(F+)整体院がオープンすることで顎関節の治療の充実も図ってきています。現在、「歯科は厳しい、厳しい」と言われていますが、しっかりとやるべきことをやれば、伸びることはできる、素晴らしい医院を創ることはできると私も信じています。確かに、その道のりは大変で、パワーの要ることですが、それを乗り越えた時に得られるものは大きいということを私は、診療で喜んで頂ける患者様から知ることができました。 そんな素晴らしい医院創りを、素晴らしいスタッフと一緒に創って行きたいと考えております。このような私の考えに共感してくださる方とだけ、私は仕事をしていきたいと考えています。数年前にジェームススキナーというメンターを得て、自分のミッションができました。

~ 私の人生の目的は、人の命に対する胆識を極め、自分自身と家族、他の人の健康を守ることを同士とともに誓い、プロセスを効果的にリードしながら実践し、次世代に継承していくことである ~

2013年より、もう一人のメンターとして増田拓保先生に出会い、さらにやる気になっています。そして異業種の皆さんとの交流を通じて自分の方向性も少しづつ変化してきています。先輩たちの地元のメンバーとの様々なパーティや交流なども行いながらさらに一回りおおきな人間になろうと思います。
フクロ歯科医院へのお問い合わせはこちらから

  • 診療予約
  • 無料相談フォーム
ページの先頭へ